スコーンと
のぞみの車両に片足を踏み入れた途端、私の心は解放される。

東京、アップルハウスの冬物の展示会。
認知の夫の事も、ミイの餌のことも、ノミの事もスコーンと。

b0161162_08012521.jpg

新大阪晴れ、
b0161162_08012640.jpg

b0161162_08012605.jpg
b0161162_08012739.jpg

田植えが済んだのね、カーペットのようなグリーン!


浜松、アップルハウスの工房のある所、きっと染めた布をお日様に干している事だろう。
b0161162_08284903.jpg


b0161162_08285001.jpg

きっと、いい色に染まると思うよ。


さて富士山は、微笑んでくれるか!
のちほど実況中継します、乞うご期待。

b0161162_09002468.jpg

b0161162_09002590.jpg

b0161162_09002515.jpg

b0161162_09002653.jpg

ザーンネーン、雨上りの雲が美しく大空を占領していました。
それはそれで悪くはないのです、雲よ。


でも、アップルハウスの冬物展は、とてもステキなデザインがあり、冬が楽しみ!
まだこれから夏やというのに、だから一年のすぐるのがとても速く感じられるのでしょうね。

帰りは雲ひとつない空です、期待したいところですが、太陽が眩しくて、、、

富士山はやはり雲の中、
でも金色の空をプレゼントしてくれました。
b0161162_18424528.jpg
b0161162_18424695.jpg
b0161162_18424655.jpg

b0161162_18424708.jpg

のぞみ速いし、ビルは邪魔やし、ほんまに疲れるわ。






[PR]
# by en-minoh | 2017-07-11 07:24
名案なり!
どこへ置いたんだろ〜メガネの行方を探しはじめて18分は経って居るだろう、
玄関から奥まで私の足で約15歩、横幅約20歩の小さな家、もうええ加減出てきてもええ頃やのに、今回は手強い。

いつも軌跡を辿って見るのだけれど、
パジャマからTシャツに着替える時、顔を洗う時、くらいのたいした動きではない、
もう力尽きた時思うのは、イタヅラ好きの神様におちょくられているのではないかと、それで仏壇に手を合わせて、勘忍してください、と頼んでみる。

こんな事が重なって、メガネを探す為のメガネがいる事に気付いた。
b0161162_12562752.jpg

作った時は、むしろ無くした時に必要だなと思ったのです。
でも今回は予備のメガネをつけてみました。すると、

b0161162_12562759.jpg

即、視野に入ってきました。

そやそや、ミイと一緒に寝そべった時に無意識に外して近くの小さな椅子の上に置いたんや、この「無意識」が大問題や!
もうこんな無駄な時間は過ごしたくない‼︎

そこでマツシタは考えました。外して「置く」場所を決めるということです。
幸い豪邸でないので各方面から5〜10歩で到達出来ます。
b0161162_13131696.jpg

場所は、お仏壇の前の小さなチエストの上、ピエロのプクちゃんが見守ってくれます。なんという名案、私って天才(メガネかけ始めて何十年経ってるの?)

失われたン10年を取り戻さなくちゃ。
[PR]
# by en-minoh | 2017-07-07 12:04
わっ!
冬に死んだようになっていた名前は忘れたが、多分多肉植物のなかま、春に芽を出し
花が咲いた。植木鉢とも良く合ってて、お客様にも喜んで頂いた、
ところがある日、花、葉、全面に白い粉が吹いている、そしてドンドン広がって手の施しようがなく、いつものばっさり、をやってしまった。

そして4.5日たっただろうか、
b0161162_13232781.jpg

芽が出てる〜

おそれいりました、、、、!
[PR]
# by en-minoh | 2017-07-03 13:03
コーナンで買ってん。
この紫陽花を店に飾っていると
b0161162_17423480.jpg



「わぁ、綺麗な紫陽花やねえ〜」とお客様は褒めてくださる。

「コーナンで買ってん、¥950円なり」
「えーっそんな にやすいの?!」

「コーナンもこの頃お花に力入れてるんやね」確かに初めの頃は枯れてもこの安さやからしようないか、とハナから仕方ないモードであった。
しかし何回か買っているうちにしっかりした苗もあり、そういう苗が見事な花を咲かせてくれるとこの上もない喜びである。

さて、
花が終わり地植えして来年、上手く花が咲いてくれるか?
[PR]
# by en-minoh | 2017-07-01 17:15
似て非なるもの。
やっと綺麗に咲きました!

オレガノケントビューティ、
この花との出会いは確か30年程前、
芦屋に商品を見に行った帰り道、ふと見かけたマンションの入り口の花屋の看板、
ヘェ〜、こんな中に花屋?

暗い廊下、そこに今まで見た事のない花が涼やかな顔をして垂れ下がっていました。
花屋の主は男性で、花の名前を聞いたかどうだか、ただ芦屋は男性の花屋さんで、しかも見た事も無い花が、しかも隠れ家がみたいなところで、流石、芦屋みたいな、、

買わなくちゃ、箕面まで、重たいのに。

そして、その花はまもなく枯れてしまった。

その後見かけては買ってみたが、いつの間にか枯れてしまっている。
b0161162_10524493.jpg

それが、今年は冬を越して咲いた!

調べてみると、いきなり「夏の蒸し暑さが大嫌いで気難しい花」と出てきた。
ン?そっくりではないか。

違うところは、人を魅了する花を咲かせるところである。

b0161162_13025817.jpg


夏の水やりが決め手らしい。





[PR]
# by en-minoh | 2017-06-26 10:19