怒るでオバサン②
ケータイを替えました。
視力が衰えてきたので、ほんとは渋好みですが、よく見えるように派手な色にしました。
ケータイは不便です。持ち歩くのが面倒、置き場所を忘れる、電池が切れたら役たたず、いちいち
充電せなアカン。電磁波に脳がやられる、字が小さい、取り扱いが面倒、、、、、

今度のは、時計が外から見える、これは便利と思う、データーを一瞬に新しいケータイに移してくれた、スゴイと思う。
まあ、必要悪と言う人もいて、文句ばっかりいうても嫌われるし、ワカランワカランというて、息子に聴くのもめんどくさがられるし、ここは一つ、取説でも読んで見るか、といつになく前向きが
マチガイだった。ケータイ屋で入れてもらった袋のどこを探しても無い!
営業所に電話すると「取り説はいれていません、欲しい人は、お客様センターに注文してください」
ここで止めておけばよかったのに、電話をした。
するとこの世で一番嫌いな「ガイダンス」ちゅうのがながれてきて、「〇番を押せ」とあちこち
振り回され、もう「やかましい!勿体つけんとさっさっとつなげ~~!!」とやくざチックに叫びそうになるのを、やっとの思いでこらえ、そんな番号一杯言うたかて、覚えてられるとおもてんのか!
もうこうなったらどこでも押してしまえ、不機嫌最高潮の声を出すと相手は下手にでてくる、こっちがアナログと思って下手にでると、若い奴らは馬鹿にする。

もうこれ以上便利は要らんて、反面何かを失っていることに早よ気ぃつかんと、、、、
b0161162_17214956.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-09-19 17:23
<< 風の置きみやげ 9月11日 >>