「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Cafeのメニュー
リタイアした夫と、サルンポワクでランチ、
いいねえとお思いでしょうが、これでも結構気を使うのですよ。
お客さまの反応とか、接客とか、ディスプレイとか
それでつい気になること言っては息子や嫁にきらわれています。
よくある話ですよね。

寒いので<鉄焼きビビンバ>と夫は<スープセット>
玄米のおこげが香ばしくて、よつばのニンジンやもやし、わかめスープの取り合わせが
なかなか、
夫のスープは野菜だけでとても良い味がでる。パンは自家製天然酵母のパン、
言ったら損みたいに感想をいわない夫、「このスープ旨い!」

うちの嫁ったら、なかなか腕をあげたかな?でもまだ、口に出してはいいません、
愛のムチです。
ひょっとして、私も人並みに姑根性???
b0161162_17442633.jpg
b0161162_17444922.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-01-25 17:45 | ころころエッセイ
店は春色
b0161162_17135011.jpg
春一番の寒波到来で、お花は夜部屋の中にいれるように、よつばやさんからの
注意。「ハイ」 朝、道路の水が凍っていました。

そんな中、AH浜松の本(もとさん)が春の色を届けてくれました。
1月、寒いといえども気持ちは春にむかっています。
本さんは「重ね着の本」といわれていてAHの洋服のコーディネイトが好きで好きで1日中
やっていたいそうです。
あっという間に着替えがすみました。「子供のころの着せ替え人形の世界」だそうです。
オバサンは一発勝負が好きで、重ね着なんてめんどくさい、でしたが、
本さんのマジックをみていると、いままで勿体ないことをしたと思いました。
b0161162_17102243.jpg
b0161162_17103826.jpg

今からでも、もっと自由にたのしめばいいかな!

2月2日から始まる、ギャッベの展示会、今回は売上の10%を、「東北大震災}の
子供たちにとどけます。
去年の12月から書き始めた宛名書き約1000通、書き終えてほっと、、、
みんなきてくれるかな~

     「消費税上がるかもよ!」
[PR]
by en-minoh | 2012-01-25 17:14 | 「縁」の商品紹介
仕入れの楽しみ
1月17日は東京でAYAの夏物展示会、ジパング倶楽部で3割引きのひかり号で。
新幹線の楽しみは富士山が見えるかなあです。
その日は雪を頂いた富士が姿をみせてくれました。私は一人興奮しているのに
案外まわりは無関心、はじめは、「富士山やのにちゃんと見んかい」と一人腹をたて
「頭どついたろか!」奥歯をきりきり、やくざな大阪のおばちゃんでした。
(あくまで声はださず、内心ですから)
今日の会場は恵比寿、公園の前にちょっと小洒落たイタリアンをこの前みつけたので
そこでランチ、ところが、多分経営者がかわってしまったよう。
飲食は大変なんやね。

ところで、わがCAFE<サルンポワク>の<うす揚げバーガー>は
ほんまに美味しい、うす揚げと野菜とパンのコンビネーションが絶妙や!
癖になります。久しぶりに食べてやっぱり美味しいとおもったので
途中でカメラを取りに行ったのです。(で、歯型のついた写真で失礼)
自家製天然酵母のパン、能勢の有機野菜、よつばライフの国産大豆の薄揚げ
役者がそろっています。
b0161162_1538778.jpg
b0161162_15383624.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-01-21 16:11 | ころころエッセイ
複「縁」
今日から店はオープンです。
隠居小屋に引退したはずの「縁」がまた母屋にもどってまいりました。
やっと少しはのんびりできると思っていたのに、私は貧乏性という星の下に。
そういう流れになっているのでしょう。
嬉しいのは、もと「縁」のお客さまが「嬉しい!」と喜んでくださったことです。
こっちの勝手で出たり入ったりしているのに、ほんまに有難いことです。
せいぜい、ふだんの暮らしがほっこりするような店づくりに励みますよってに
よろしゅうおタノ申します。
b0161162_1905572.jpg
b0161162_1912037.jpg
b0161162_1914822.jpg
b0161162_19267.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-01-12 19:02 | ころころエッセイ
私のお正月
今日は30日とおもっていたら、
「なにゆうてん、31日やで」と息子に馬鹿にされた。
おせちなんかなんにも用意してない、作ったのは、五目焼きなますだけ。
唯一の贅沢は、炭火で焼いたおもちだけ。

夫の好物、お雑煮と、なまこと、くわいと、数の子さえクリアしておけば
機嫌は良いみたい。

シンプルなお祝いのあと、聖天さんへ初もうで、
おみくじは中吉、難波神社で引いたのは「凶」ほんまはどっちやねん!

町も昔のように改まった空気はなく、
聖天さんの、垂れ幕やおみくじ、竜の水栓(やけにリアル)がお正月であった。

お正月って、子供のころのように下着もまっさらを枕下に置いて寝て、
ふだん食べていた20円のお好み焼きを、お年玉をもらったら40円の混合焼きいうて、
お肉と卵の入った豪華版を食べるのがもうごっつい幸せで、
そんな時代もあって、今年のように質素なのもまた良い良い。

今年は、縁がまた母屋に戻るし、整体もスクールで勉強しなければいけないし、
いつになれば、ゆっくりをあじわえるのかな?
貧乏性やつくづく~今年も~~
b0161162_16515071.jpg
b0161162_16521411.jpg
b0161162_16523187.jpg
b0161162_16524845.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-01-03 16:54 | ころころエッセイ