「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
なんか嬉しい!
先週買った能勢の「風来坊」さんの、トマト、きゅうり、茄子が
今週、一回り大きくなっている、そうか~畑で成長してるんや!

月曜日、江坂のクレヨンハウスでご飯を食べようとしたら
相席になった、「すみません」と言ったがおばさん無言、
心の中で「しゃーないやんか、混でんねんから」ところが
あちらさんがさきに食事をおえて立ち上がるとき「お先に」といって
ニコっと見せた笑顔がとても可愛いくてさっきの心のぶつぶつはチャラ

車で狭い道ですれ違うとき、待っててくれて手であいさつすると
あちらさんも手をあげてニコっとわらって挨拶を返してくれた。
そんな時は心の中がポカポカして一日中気分がいい。

私が過剰反応しているのだろうか、
笑顔と挨拶、まあ減るもんでなしこれだけ人をイイ気分にさせる
小道具をみんな持っているんだからつかわないとね~勿体ない。
b0161162_14415215.jpg
b0161162_1442597.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-07-25 14:42
二の腕
まだ私が、縁で現役で雑貨の売り場に立っていたころ、
真夏でも長袖しか着ないというお客さんに「なんで?」と尋ねたら
「こんな皺くちゃ、人眼に晒したくない」とおっしゃる。「そんな!年とったら当たり前のこと
堂々と出したらええやんか、外国の人なんか年とってもタンクトップ来て堂々としてるやんか!」
なんて強気な発言をしていたもんです。これを若気の至りというのでしょうか?
いえいえ決して、50代ですから若くありませんでした。
自分が70近くなると「よくわかります、見せたくありません。失礼しました、ごめんなさい。

でも夏は暑いし、半袖着たい、あとはひとに不快感を与えようが、憐れみをもって見られようが
厚かましく生き抜くのみ、「オバチャンは強し!や」
b0161162_952517.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-07-19 09:52 | ころころエッセイ
もう冬ものコレクション
アップルハウスの冬ものコレクションに行きました。
今回は雑貨の仕入れもあるので、朝5時半ごろに家をでました。
ジパング倶楽部で60歳以上は3割引き、これは有難い!

お弁当を買います。
このたびは「野菜たっぷり幕の内」というやつ、はじめて、
裏をみるとやっぱりいろいろ添加物が、なんで?こんなに?
この年になると冷たい揚げ物はもうエエわ、って感じ、
味付けは上品でよかったですよ。
梅干しは変に甘くて気持ちわるかった。
酸っぱいものはあくまで酸っぱく、初志を貫徹せよと言いたい、
変に甘い漬物、変に甘い梅干し、変に甘い果物、ほんとに世の中の
嗜好は甘いもの傾いているのだろうか?
この甘さがどれだけ人の体を蝕んでいるか。

富士山、やっぱり見えました!!
この日は往復みえました!!
日がながくなり、夕暮れのシルエットの富士山は感動的!
しかし騒いでいるのは私だけ、

それにしても、このごろ規格サイズがかわってきている。
新幹線の座席は靴を脱いだ時前の座席の背中に足が届いたのに今は届かない
東京の電車のなかには、つり革に手が届かないのがある
洋服は約5CMは手や丈が長い、昔は私が基準だったのに
長生きをしすぎたのか?急速な変化なのか?
なんかバカにされた気分!









b0161162_13124393.jpg
b0161162_13132862.jpg
b0161162_13134520.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-07-12 13:10 | ころころエッセイ
雨がふります
梅雨ですから仕方ありません、私は雨が好きなので苦になりませんが
それより虫がおきてきて、どんな虫かというと「かたずけ虫」です。
できればわき目もふらず集中したいのですが、商売はせなあかんし、途中
飯の支度はせなあかんし、お仏壇の花の水はかえなあかんし、振込にいかなあかんし。

物に埋もれていた30代から一転して物を捨てる40代から今にいたっていますが
理想は私が死んだとき家族があきれるくらい「なんにもない」と言われるくらい
物をそぎ落としたいとおもっています。
かなりそぎおとしましたが、まだまだ

少し勢いがおちているので、風水の本や中谷彰宏の本など読み
士気をたかめています。
雨の日はそういうことに適しています。
b0161162_1345090.jpg
b0161162_134513100.jpg
b0161162_13453063.jpg
b0161162_13455618.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-07-05 13:47 | ころころエッセイ