<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
怒るでオバサン②
ケータイを替えました。
視力が衰えてきたので、ほんとは渋好みですが、よく見えるように派手な色にしました。
ケータイは不便です。持ち歩くのが面倒、置き場所を忘れる、電池が切れたら役たたず、いちいち
充電せなアカン。電磁波に脳がやられる、字が小さい、取り扱いが面倒、、、、、

今度のは、時計が外から見える、これは便利と思う、データーを一瞬に新しいケータイに移してくれた、スゴイと思う。
まあ、必要悪と言う人もいて、文句ばっかりいうても嫌われるし、ワカランワカランというて、息子に聴くのもめんどくさがられるし、ここは一つ、取説でも読んで見るか、といつになく前向きが
マチガイだった。ケータイ屋で入れてもらった袋のどこを探しても無い!
営業所に電話すると「取り説はいれていません、欲しい人は、お客様センターに注文してください」
ここで止めておけばよかったのに、電話をした。
するとこの世で一番嫌いな「ガイダンス」ちゅうのがながれてきて、「〇番を押せ」とあちこち
振り回され、もう「やかましい!勿体つけんとさっさっとつなげ~~!!」とやくざチックに叫びそうになるのを、やっとの思いでこらえ、そんな番号一杯言うたかて、覚えてられるとおもてんのか!
もうこうなったらどこでも押してしまえ、不機嫌最高潮の声を出すと相手は下手にでてくる、こっちがアナログと思って下手にでると、若い奴らは馬鹿にする。

もうこれ以上便利は要らんて、反面何かを失っていることに早よ気ぃつかんと、、、、
b0161162_17214956.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-09-19 17:23
9月11日
この日は世界的に大変な日でしたが、
私的にも大きな節目の日です。昨年一応、雑貨やを引退し、整体サロンをオープンしたのが
9月11日、そしてなんやかやあって、縁がもとの場所に「復縁」し、息子の「SAKkAZAKKA]
とコラボし、そして結局息子に雑貨「縁」とCAFEサルンポワク、ギヤラリー「ミカリ」を全面的に任せることになったのが昨日9月11日。
昨日ははじめて窓をしめて寝ました、我が家にはクーラーがありません。
朝、窓を開けると~なんて「胸キュン」な秋空がひろがっていました!
この年になっても秋を感じると胸キュンになるのは異常なのか、みんなそうなのか?

まあ、息子なんて、都合のいい時だけ「お母さん」であとは「金は出しても、口出すな」というのが
世間の相場みたい。私もそうやって親を踏み台にしてきたっけ。
20年一人でやってきたという自負が邪魔して、なかなかスッパリ全託までいくのに2ねんの歳月が必要だったのかも。

うわ~この解放感、今朝の秋空のように爽やか、あとは知らんで~ちゃんとやりや
b0161162_9404591.jpg
b0161162_941331.jpg
b0161162_9411710.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-09-12 09:43 | ころころエッセイ
発表会
昨年11月に始まった石川マギ音楽教室、11ヶ月で厚かましく人前で唄うという
暴挙にでました。残暑厳しき8月31日、7時から、サルンポワク&ミカリを貸し切りで。
「100回の練習より1回の舞台よ!」というのが上手くなる秘訣というのが信条のマギさん。

はじめはどうなることか(私を含めて)と不安でしたが、発表会が近ずくにつれ、みんなメキメキ
上手くなるのがわかりました。
あくまで「それなりにですよ!」

私もテネシーワルツ、涙そうそう、(息子のキーボード、マギさんのサンシンで)星影の小径、を唄いました。



聴きにきてくれた方が、この発表会のことを「とても感動しました皆さんのパワーがステキで、なんだか涙でてきて、、」って言ってくださったそうです。
これには私、鳥肌がたちました。どこに?って感じですもの、ほんまに下手やし、、

ただみんな音楽が好きなだけ、そしていい先生に巡りあったこと!!それが全て。
b0161162_1695015.jpg
b0161162_16113076.jpg
b0161162_1611423.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-09-05 16:12 | ころころエッセイ
ミナミの熱気
ブルースの歌手、万里子さんが釜ヶ崎でライブをやるというので、ミナミに詳しい
友人と早めにくりだした。どのへんが釜が崎かよく知らない。
赤井秀和がオーナーという串カツ屋「だるまや」でお昼を食べた、「一度漬け」というのが
決まりらしい、「あ、もうちょっと漬けたい」と思ってもそこはミナミの仁義、掟を破れば
赤井のパンチが、ということはないみたいだけれど、坂田三吉の王将、商売繁盛のビリケンさん、通天閣、残暑クライマックスの太陽と相まって熱気ムンムン、
でもこのへんはまだ釜ヶ崎ではないらしい。
やがてライブ会場の「難波屋」さんという食堂がみつかった。食堂の奥がライブ会場、
自作自演のブルース!
万里子さんは、「いや!箕面に住んでていきなり釜ヶ崎てそらちょっときついかも」
といっていたが、私には万里子さんの唄のほうが強烈だった、
まるで命をけずってという気がした。

キタとは違うミナミ、エネルギーに満ちあふれている!
若いころは近寄り難いイメージをもっていたが、
行ってみるとなかなか面白かった。
テンションあがるよ!老化防止にええかも。
b0161162_9483069.jpg
b0161162_94853100.jpg
b0161162_9491813.jpg
b0161162_9493321.jpg
b0161162_951970.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-09-02 09:54 | ころころエッセイ