<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
怒るでオバサン!
このごろのラッピングときたら、開ける人の事を考えてないのが多すぎる。
例えばCD、はやく聴きたいのに、なかなか開けられない、前はまだ白いテープが
ついていたりして、まだわかりやすかったが。
今日届いたうどんなど、こだわりの物らしいが、カッターやハサミが無いと無理、
せっかくのこだわり、体にいいものなら、ラッピングもやさしいものにしてよ、
ピチーとしていて、私の爪では歯がたたない、これは、機械化で、ただ効率だけを考えた
に過ぎない、ここにやさしい思いやりのかけらもない!!!

このごろ年のせいか、怒りっぽくてイカン、

おや!鉢植えのミカンかキンカンかとにかく一度も実がならないので、何者か
正体は定かではありませんが、柑橘にはちがいないのです。
それが、黄葉しているではありませんか!!
b0161162_1754920.jpg
b0161162_17542281.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-10-31 17:55 | ころころエッセイ
頭、まっしろ!
21日は、整体の筆記試験、1年勉強した成果が問われる日
「ここは出る」と山をはっていたのに、「でた!!」とおもった瞬間、
頭、真白!とうとう最後まで思いだせないところがあった。
追試は覚悟している、けど悔しい、けどちゃんと覚えとかんかった、自分のせい、
というのもわかっている。
前日の宿泊は浜松町のプリンスホテル、デジタルめっちゃ強の仲間がとってくれた、
新幹線とホテルのパックというやつ、駅近で、「ひゃあ、東京タワーがすぐ近く」なんだか
とてもなつかしくかんじたのはなぜ?きっとあのオレンジ色の灯りのせい?なんか今もててる
スカイツリーはグレーでLEDの冷たい感じがする。いまいち好きになれない。
プリンスホテルは流石、使われている建材はいいものだとわかる。が、しかし
地下1階にコンビニが入っているというのには、ビックリ、時代ですかねえ~~
「オバはん、なにを時代おくれな」と馬鹿にされそう、
ホテルのロビーで一夜漬けのあがきをするために「ココア」を注文したら¥900!!
しかし、流石にまったり、美味しかった、いや美味しなかったらおこるでオバサン。

増上寺というお寺も近くにあり、大晦日の除夜の鐘を打つ時にいつも一番に紹介されるお寺だそうな。試験が終わって、前日から狙いを定めていた、ホットサンドめがけて、走ったけれど、満員で
時間の関係で、パンを買って、使くの公園で食べる羽目になった。
鳩、からす、雀が餌をねらって待ち構えていたが、こんな高いパンをそうやすやすと、、、しかし根負けして、投げるとスゴイ勢いで、、、
東京の鳩たちは箕面とちがって、根性が座っていた。


とにかく終わった、終わった!!!
b0161162_17262646.jpg
b0161162_1727679.jpg
b0161162_17272343.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-10-25 18:02 | ころころエッセイ
DJってなんやのん?
「今日、庭でDJやるからな」って、突然息子が、
「DJってなんやのん?」「DJゆうたらDJや」腹立つなあ、ワカランから聞いてんのや。
私ら、DJゆうたら、ラジオで音楽かけながらしゃべる人という認識やんか、それを庭で?
観客はどないすんの?次から次へと湧きあがる疑問、そこで本日のDJこと
「DAIGO WAKABAYASHI]さんに「そもそもDJの定義ってなんやのん?」
ーこのオバはん、なにを寝ぼけたことをーと心の中ではきっと思いつつも、
「後でお話しましょう、お母さん」といってくれた。
「DAIGO」さんによると、DJとは曲をずっとかけつずけられる人、そしてイイ気分にさせてくれる人、ということらしいです。
ようワカランです、「DAIGO」さんは18歳の時からレコードを集めはじめ今では1000枚になるという。フェイスブックをやっているとおっしゃるが、アナログおばさんには通用しない。
ところで、大阪の子っておばさんにたいして、「お母さん、お母さん」という
いつも心の中で、「私アンタを生んだ覚えはないで?」といつも叫んでいる。大阪特有のニュアンスでオモロイと思うけど。!
b0161162_1443588.jpg
b0161162_14432118.jpg
b0161162_14433599.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-10-18 14:49 | ころころエッセイ
枝豆超特急
能勢の脱サラおじさん、「風来坊さん」の黒豆の枝豆は罪な奴です。
ひとたび口にいれたら最後、ノンストップで一皿いっちやいます。
柔らかくて、甘くて、とにかく後を引くおいしさ、
風来坊さんは「コピーライター」という横文字の職業をあっさりやめて、
百姓になりたいと、一から修業した、ちょっとシャイで、ちょっと変コで、やさしい人です。
このごろ、火曜と金曜の1時から3時まで、庭で野菜市をやってくれているので、
無農薬でおいしくて、とびっきり新鮮な野菜がすぐ手に入るので有難いとおもっています。
しかし
季節外れの野菜はつくらないので、しばらく「端境期」といったら3カ月くらいきません。
年がら年中、同じ野菜が手に入るということは、冷静に考えてみたら、不自然なことです。

この枝豆は、今季最終回というので、4袋まとめ買いしましたが、あと残りわずか、
来年まで我慢、こんなおいしい枝豆を食べると、もう浮気はできません。
b0161162_1236144.jpg
b0161162_1236268.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-10-18 12:37 | ころころエッセイ
さんま大往生
北海道から氷詰めのさんまが届いた!?
送り主は「ご本人」と書いている、「え~っ!」
全く身に覚えがない、しかも4キロとかいている?
最近私にプレゼントしてくれる理由のある人を思い浮かべようとしたが
全く心当たりがない、「おかしい、おかしい」
そして唯一心当たりが自然食品の宅配便、「よつばライフ」の発注書の書きマチガイ!
大急ぎで控えをみると、3匹を注文している、一ます間違えたかも、電話をして確かめるとやはり
一ます間違えて4キロ注文したことになっている。
「ひゃあ~どないしょう」25,6匹ある、とりあえず、スタッフやら、近くの人に配った。
自分のゆるさ加減が情けなく、かなり落ち込んでのさんまの夕飯、

「めっちや、めっちや うまい!!」新鮮というのはこういうものか!!
はらわたまでうまい!」
 「しまった~~、あげすぎた~~かえして~~」というくらい美味!!!

  「猫がなげくくらいのたべかたの私」「うまい!」といいつつぐちゃぐちゃの夫の食べ方。
どっちが、さんまちゃんよろこぶか?
b0161162_19355018.jpg
b0161162_1936445.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-10-10 19:37 | ころころエッセイ
風の置きみやげ
b0161162_112926100.jpg
台風一過、急に秋めいてきました。
私は和歌山の海辺育ちで、子供のころは9月といえば台風が当たり前、台風のとおり道でした。
台風の通り過ぎたあとを友達と探検して、自転車で町を練り歩くのが大好きでした。

台風は自然界の大掃除、しかも総なめという説もあります。
地震も溜り溜った、エネルギーの爆発だという説も、
台風のあと、被害は別として、とても空気が清々しいのは、自然界が大掃除をしたせいなのでしょうか?
うちのCAFEも屋根のてっぺんにかぶせてあったトタンが飛びました。
植木鉢がたおれたり、かなり風がつよかったみたい。
お聖天さんにも風の置きみやげがいっぱいあちこちに、、、
b0161162_11265679.jpg
b0161162_11272156.jpg
b0161162_11274077.jpg

[PR]
by en-minoh | 2012-10-03 11:30 | ころころエッセイ