<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
プチ家出、
お粥が出来たよ、と声をかけても返事が無いので、オットの部屋を開けてもう一度お粥出来てるよ、と言ったら険しい顔をして「分かっとるわっ」と怒鳴る。
なんでそんなに怒るの、「見て分からんか、アイロンしてるんやッ」
(あ、ここで言っときますが、アイロンするのは自分のモノだけですから)

(綿パンにピシッと折り目なんかつけてどうすんの)
今に始まったこっちゃないけど、あまりの暴言に呆れてしばし、ぼーッと立っていたら、出て行ってくれ、というのでこれ幸い部屋を出てついでに家を出た。

朝9時にカットの予約していたのでOさんへ。いつもアレコレの注文を完璧にさばいてくれるカリスマ美容師、オットもOさんにお任せで満足。
散々、オットの理不尽ぶりをアピールしてもあまりの表と裏の違いにただただ信じれないという、Oさんだけではないけれど。

さてヘアスタイルがベッピンになったし、
お次は、美味しいモーニングコーヒーを!
通でもないワタシが、あ、美味しい!というか飲みやすい。なんか雑味がないというか、スッキリしている。
ネルドリップで点てる、オーナーさんいわく、雑味がないなんて当然のことで箕面はコーヒーレベルが低すぎる、そうです。

本日のオススメはコロンビアということで
あ、ワタシ、それ、と通ぶってみるのも楽しい、しかも350〜360円で、そしてどれくらいで箕面のコーヒーレベルを上げてくれるのか、今後が楽しみ。

さて、伊勢見さんで魚を買ってと寄ったらもうアンコウくらいしか無い、取り敢えず
2時くらいまでいるというので冷蔵庫で預かってもらう。

続いて向かったのは中央図書館。
殆ど本を借りる為で、中にとどまることはなかった。
この度はたっぷり時間がある、ゆっくり本を選び、落ち着くテーブルを探し、ゆっくりページをめくる、
ふと窓に目を向けると
b0161162_22074425.jpg


b0161162_22074421.jpg

b0161162_22074565.jpg

公園の朝、スズメたちが行儀よく並んでお喋りしてる。
なんだろ、この開放感!

そして、全館暖房完備、箕面市民の税金のお陰をもっと有効利用しなくちゃもったいないと思いましたね。

そろそろ、お腹が空いてきたなぁ、、、
で、浮んだのが玄米ランチの(ゆいまる)さん。相変わらずひとつひとつ丁寧に作られていて、優しいお味は、傷ついた心を癒してくれる、なんて悲劇のヒロインぶってみても似合わんね〜

お腹も一杯、2時も近くなってきた。

そろそろプチ家出も終了に近く、まあこんなのプチプチプチプチ家出くらいだけど、
気分は快晴。

帰るとオットはケロリとしており、自分の吐いた暴言など滅相もない様子、これが認知の所以なのか。

考えてもわからんことは、お任せ〜

ゲーテ曰く、不機嫌は最大の罪、
やそうな。









[PR]
by en-minoh | 2017-02-26 21:35
春を先取り
風は冷たいけれど、ミモザ満開です。

b0161162_13282659.jpg


ドンドン上に伸びるので、気がつかない人も多いです。
b0161162_13282751.jpg


当たり前のように咲いてくれるから、当たり前と思っているけれど、その当たり前の自然の営みって凄いことなんだ、と思うこの頃。人生の後期をどう生きるのか。
b0161162_13282846.jpg


それが、問題だ、と一応哲学的に考えてるフリをしてみるこの頃。

[PR]
by en-minoh | 2017-02-19 12:47
しつこく富士山
帰りののぞみ、今、17時、随分日が長くなったことを感じる。
そして、熱い熱い、なんか変、

b0161162_18000518.jpg


b0161162_18000536.jpg

富士山の頂上にかかる雲、まるで噴火しているみたい。

この頃、75歳という年を強く意識するようになった。高齢者を75歳からと定義づけるというニュースを聞いたせいか?
それまで、年なんてちっとも意識せず流れるままに過ごしてきた。
果たしてそんなことでいいのか?
ホントに自分のやりたいことはなんなん?

あ〜 ニュースで日本列島に春一番!

ワタシ、覚悟を決めることがある‼︎

爆発しまっせ〜

[PR]
by en-minoh | 2017-02-17 16:56
同じ日に
初夏の洋服の展示会に、朝6時のバスで、今、のぞみの車中、
b0161162_09380587.jpg

b0161162_09380646.jpg

b0161162_09380787.jpg


なんと米原あたりは真っ白の雪。
今日は富士山バッチリだぜ!
b0161162_09380758.jpg


b0161162_09380898.jpg

雲の帽子をかぶり、
b0161162_09380852.jpg

それでも、少し春めいて、、、良かった。

もうすぐ東京、あつい、あつい、
カラダがついていかへんわ。

[PR]
by en-minoh | 2017-02-17 09:25
新旧交代
ミモザのリースを新しく替えました。
b0161162_09242720.jpg


早いね、一年。
b0161162_09242832.jpg


洋服はバーゲン中、

b0161162_09242923.jpg

お疲れさん、ありがとう。
[PR]
by en-minoh | 2017-02-17 09:17
ぐびぐび
山崎烝溜所で求めた梅酒、
b0161162_21430731.jpg

呑みやすくて美味しい、
私は家系的には強い遺伝子を受け継いでいる、ただ夫がアルコール分解酵素がなくて普段は全く呑まない。

このところ、かなりストレスが蓄積しているのが分かる。
側には美味しく呑みやすい梅酒、そして杉本さんのとてもお気に入りの切子のぐい飲み。役者は揃った!

ぐびぐび、10杯は呑んだであろう。
久しぶりに、OL時代友達と背伸びしてオールドをキープした時のことを思い出した。
彼女は强かった。

そのスナックを出て南北に分かれて帰路に着いたとき、ふわりと私の身体が宙に浮いた。ヤバ、これが酔っ払うってことか、千鳥足で歩いてるのかなー
必死に階段の手すりにつかまって帰ったっけ。
後から聞いた話によると、ボトルキープすると、店側は早く減らそうと沢山淹れるらしい?

途中ゲボゲボやらなくて良かった、と背伸びはおしまいにした。

さて10杯目当たりから、体が熱くなり、
大声で、ケセラセラを歌っておしまい!

酔っ払うと大声で歌うオッさんもストレス発散してんやね。

懐かしいなあ、あの背伸び時代、彼女どうしてるかなあ、、、

[PR]
by en-minoh | 2017-02-15 20:54
男のロマン
東京から久しぶりに帰っ来た娘が、サントリー山崎烝溜所のツアーに行きたいという、そのツアーは予約が必要で、すでに満席だという、で、キャンセルは現場に行かないと解らないということで兎に角出かけることにした。
b0161162_19340250.jpg

幸い2人空きがあった。
阪急大山崎駅より10分でこんな美しい風景があったのか!

仕込、発酵、烝溜の工程を経て、約百万樽のウイスキー原酒が眠るという。
b0161162_19340335.jpg

b0161162_19340402.jpg


そして、樽で熟成されたウイスキー原酒は、ブレンダーの手に渡り、1日に200〜300種類にも及ぶテイスティングを通して、どのタイミングでどの原酒を使うかを判断するそうだ。

最後はやっぱり人による、か!
アナログの私は妙にこういうフレーズに感動してしまう。


b0161162_19340474.jpg

この気が遠くなるような作業、まず、お酒が强なかったらできへんよねぇ

このあと、ツアーは
b0161162_19340572.jpg

テーブルに用意されたウイスキーの色の見方、ハイボールの作り方、などに移り、おつまみが用意されていて、なかなか楽しかった。
b0161162_19340667.jpg

ショツプでは、ウイスキーの樽材として使われた樹齢100年以上のオーク材。50年にわたりじっくりと原酒を熟成させ、自らも風合い豊かに熟成したその材を使って作られた、シャーペンとボールペン、バターナイフ、一世を風靡した柳原良平のポストカードを求めました。

この気の遠くなるようなジャパニーズウイスキーの歴史の片鱗にふれた小旅行、
表現力の乏しい私は、男のロマンやねえ、とそれしか、、、








[PR]
by en-minoh | 2017-02-12 20:54
お久し振り、お雛様。
夜明けの布団の中で、お雛様を出そうと思いたった。
b0161162_12385664.jpg


娘が生まれたとき、親はどうか幸せな人生をと願いつつ、顔の可愛い出し入れの簡単なケース入りの木目込み人形を買い求めた。
b0161162_12385722.jpg

あれから何回出したのだろう。
いつの間にか、万年押し入れの中。

縁に返り咲いて、入り口のチエストの上がピッタリ!と閃いた。

お雛様も、お客様も、縁もなんだか春めいた。
肝心の娘は、未だ東京で一人暮らし、
お雛様のお片づけを怠けたからかな?

まだまだ寒いけど、春はもうすぐそこ、、

[PR]
by en-minoh | 2017-02-07 12:15
いつの間にか2月
b0161162_21362473.jpg

庭のミモザが咲きました。
いつも2月の終わり頃だったと思うのですが。
b0161162_21362587.jpg


b0161162_21362693.jpg

b0161162_21362691.jpg


店に下りると窓辺のサンキャッチヤーがあちこちを照らしていて、1人で見るのが勿体ない、でも誰も居ないので一人占め。

74だか75だか、自分の年が時々わからなくなるのですが、ま、そんなことはどーでも良い訳です。

さて一番の変化は、嫌なことはしないモードが強くなった。
掃除機がつぶれた、日頃からあのコードが鬱陶しかったので、まさかのロボットにアッサリ、なかなか良い。

服は人目を気にするより、着たいと思うものを、
夫には、嫌なことは聞こえないふりをする、確かに耳が遠くなっていることも現実ですが、勝手、、、ナンチャラ上手く使えばとても便利。

色々面白いことも見つけられる2月です。
b0161162_21362700.jpg

b0161162_21362730.jpg











[PR]
by en-minoh | 2017-02-04 20:54