鬼嫁(2)
ゲーテ曰く「不機嫌は最大の罪である」
この一節を見た時、まさに夫のことや、さすがゲーテさん、おおきに!

夫の一番イヤなところは、常に不機嫌、直ぐに不機嫌なところである。
何が気に入らないのかサッパリ分からなくて、「なにが気に入らないの?」と聞くとパチッと貝の蓋を閉じてしまい、なかなか自分で開かない、私はその空気感がイヤで結局、不本意ながらコチョコチョとくすぐって貝の蓋を開けさせる、勿体ない事ながらその繰り返し、はた目には全く分からないのでタチが悪い。

そしてその違和感を一言のもとに解決してくれたのが
「父ちゃんは理不尽なんだよ」
という、我が整体の師、木村仁さんの一言。「それも強烈だよ」

仁さんと夫は2、3回しか会っていないけれど、不思議な能力を持った人なので、
エッと驚きつつも
そうか、私はその強烈な理不尽を相手に相撲を取っていたのか!
いつもモヤモヤと心にかかっていた霧が一瞬にして晴れた瞬間であった。

ヨシ、今までの仇を取ってやる、と強気に出始めた矢先、身の危険を感じたのか夫は認知の世界に入ってしまった。
なんてズルイ奴、
b0161162_22453179.jpg

続く。

[PR]
by en-minoh | 2018-01-12 22:10
<< 鬼嫁(3) 鬼嫁 (1) >>