2014年 06月 08日 ( 1 )
プチ断食の効用
整体のクライアントさんに、病気の原因は殆ど、食べ過ぎと冷えらしいよ、という私が実は食べ過ぎなのです。
人生70年、食欲のない日なんて記憶にございません。以前より量は減ったもののそれなりに食べ過ぎは認めます。
もう舌が荒れて食べるのやめてと悲鳴をあげているのに無視。つくづくこのいじましさが情けない。

b0161162_14312041.jpg

さて、その日は夫が外食してくる日、
これはチャンスと晩御飯を食べずに、はやばやと布団に潜り込んだ。
翌日は整体日、お昼は抜くことが多いが
この日は飢餓感がなく集中力が持続していることにびっくり。

次の日も夜を抜いてみた。
するとお昼前にお腹が痛くなって大量の便が出た!
私はどちらかというと便秘気味で食べないと出ないと思っていた。
然し、胃腸を70年も酷使してきっとくたびれ果てているのに、食欲に任せて食べているときっと押し出す力も伸び切ってしまってんだろうねえ、申し訳ない。
それで少し休んで頂くと健気に働いてくれるんですね。

少食にすると、とにかく気分がスッキリ
疲れも全然違う。
3日目もはやばやと寝ていると、夫どっこいが「しんどいんか病院へ行ったか?」と、まるでトンチンカンなことを言う。
いくらなんでも、もう9時でっせ、と言葉に出さず。
家族のご飯を作るのに、自分は食べないというのは、難しい面がありますが。
時々食事を抜いて胃腸を休ませるのって良いみたい!実感です。

今年のペチュニア、うまく行ってます❗️
初めてです〜嬉しいです〜〜。
[PR]
by en-minoh | 2014-06-08 13:37